FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします


僕の彼女は九尾狐 終映雑感

 16話のレビュー、ほとんど書き上げた瞬間にマウスのバックボタンに手がぶつかって内容を飛ばしてしまい、どうにも再度書くエネルギーが…
 とか言いながら、なんとなく「雑感」を書きたくなって書いてみました。


まずは記事のWeb翻訳したものから。。

----
スンギ-シンミナカップルがSBS水木ドラマ『私のガールフレンドは九尾狐』の最終回最高視聴率を記録と一緒に『最後の尾'論難で余韻を残した。
'私のガールフレンドは九尾狐』 (以下、ガールフレンド区)は先月30日の最終回で全国視聴率19.9 % ( AGBニールセンメディアリサーチの集計)を記録して、同じ時間帯の雨。イナヨン主演のKBS2『逃亡者プランB 』 ( 17.9 % )を押した。
『よちんぐぅ'後続で来る6日から放映するクォンサンウ。コヒョンジョンの『大物』は、このような視聴率の余勢を駆って『逃亡者~ 』と熾烈な視聴率競争を繰り広げることが期待される。

これまで視聴率40 %を上回り、 '国民ドラマ'で人気を集めたKBS2'製パン王キムタック』の陰に隠れてもきちんと光を見ていた『よちんぐぅ』が終盤に力を発揮するには結末の気がかりなことが大きな役割をした。

最終回で九尾狐(シンミナ)とチャデウン(イスンギ)は、お互いを生かそうと命をかけてくれようとするサッドエンディングに行くドゥトヘトウナ'九尾狐が本当の愛を求めると、人間の世界に生きられるようにしてあげる" は三神ハルモニ(キムジヨン)の約束おかげで、ハッピーエンドになった。

しかし、 。エンディング神の『最後の尾』への様々な解釈で、視聴者掲示板を熱く焼いている。人間の世界に暮らすことになった九尾の狐に尾の一つがそのまま残されていて。

、"まだ私のガールフレンドは、キツネです"と言う場面だ。これに対してあるネチズンは、"以前から男はクマ。女性は、キツネに例えられてきました。最後の尾は、美穂が完全な女性になったことをキツネに見立てたようです。
男主人公の名前もデウンじゃないですか"と分析した。また他のネチズンは、"視聴者に余韻を残したのです。尾が、どのように消えることを想像するように求めるものでしょ! "という意見をいいこともした。



ということだそうで、 よちんぐぅ、最終回の視聴率は約20%と成功裏に終了できたようです。 同時間帯の他のドラマを抑えて1位でした。

 最後の展開、そういえば三神ハルモニは話としてしか出てこないのかと思ったら突然人間界に降りてきて、500年前に九尾狐と交わした約束、「本当に命を投げ出せるほど愛する新郎が現れたら人間界で暮らしていけるようにしてあげる」 約束したからには守らなくちゃねぇと突然登場してミホを見守るという、温かいおばあ様でした。ドンジュとも顔見知りのような感じなのが、ちょっと不思議な面白さがありました。 最終回近くにドンジュが三神閣へ行ったときなど、そういえば三神ハルモニはまだ何もしていないなぁと漠然と思っていたので、登場した途端、これはキーになると思ったのでした。

 ミホの尻尾がだんだん消えていくとき、周りは「死がとまらない」と言っていて、ミホは「死ぬ」というよりは「消える」という言い方のほうが強かったような。100日目にミホは死んだというよりはそのまま消えて行ったようでした。

 テウン、ミホを探すために街に出て行って何処にもいない事に絶望し、車が来てもどかなかったのはもう、自殺を図ったように、見えたんですが、車を避けようとしなかったところなど。でもテウンの体の中にミホがまだ残っている!って、殆どけがなし。ということは実はテウンが「尻尾はないけれど五尾狐ぐらいになっていた!」という仮説。ドンジュから受け取ったクスリ、テウンの体内に残っているはず…
もともとは、テウンの体内にあり続けると人間の“気”を食い尽くしてしまうはずだったのがうまい具合にバランスしちゃったんでしょうか??? と勝手に想像が広がってしまいました。

 テウンとミホが再開するまでの時間はどれぐらい?

  コモが結婚式の時にすでに妊娠していて、少し大きくなって1歳ぐらいの子供が登場していたので2年は待っていたことになるのではと。その間にテウンも人気俳優の仲間入りをして居たようです。日食の空間の歪みの隙間からミホは戻ってきたんでしょうか。。。

 韓国のニュースサイトをぐるっと回って「よちんぐぅ」終映関連の記事を数10本読んでみました。ソース元が同じと思われる記事も多く、同じ元ネタから少し書き直した感じのものから、独自の視点の鋭い記事など、バラエティーに富んだ内容でした。
 全体的にみると、とても好意的なとらえられ方をされていました。
イスンギさんは、バラエティー系とドラマ、どちらも抑えた、今回の作品で実力を立証した。
シンミナさんはいままでCFクイーンの印象が強く、現に現在流れているCFだけで10本ほどあるようで、「CFの中では神秘的な美しさ、優雅さ、聡明さなどを前面に出して、女優というよりはスターとしての印象が強かった」と書かれていました。でもって、女優としてのアイデンティティーを確立しようとして、暗く重い映画などに出たりしていましたが、これといった成果にはつながっていなかったと。

 一方、「よちんぐぅ」では、シンプルな衣装、薄い化粧、隣の家の姉/妹のような親しみやすさを獲得するのに成功し、一気に株価を上げたと。 制作側からも、難しい素材の九尾狐をホン姉妹の溌剌とした筆致とシンミナの当初心配された演技も完璧にこなして素敵なファンタジーが完成した シンミナなくしては成り立たなかった」と評価されているようです。次作品の選択には本作のイメージのためより難しくはなるでしょうが、以前では話が回ってこなかったような良い作品にきっとキャスティングされることでしょう。次回出演作が楽しみです。 CF界では突然変わったシンミナのイメージに戸惑う企業もあるかもしれませんが、今までとは違う分野の親しみやすさを必要とする企業からのオファーが殺到するのではないでしょうか。

 放送終了後の視聴者掲示板でホットな話題として、最後に出てきた1本の尻尾。
再び人間界に降りてきたミホ、尻尾がなくなって人間になったのかと思ったら、「1本だけ残ってるよ」って。最後のテウンのナレも、「まだ僕の彼女はキツネです」と。 もともと男は熊で女は狐に例えられるじゃないですか。最後の1本はミホが完全な女性になったことをキツネに見立てているのです、という意見とか、その1本の尻尾は消えるのかどうか、楽しみを残した、とか、 元の九尾狐の尻尾は火から作って輝いていて、最後の1本も消えてしまったはずなのに、のこった1本の尻尾はなんか輝いていなくてリアルっぽい。別物だ!という意見。など。
 放送は終わってしまいましたので好きなようにいろいろと空想できて楽しいですね。

 

 また、ホン姉妹の次期作はどんなものになるのか、すでに関心が集まっているようです。

 SBSのニュースサイトでは日本への版権販売を現在交渉中と出ていましたのでそう遅くならないうちに日本国内での放送も実現しそうです。その他、アジア方面には内容説明中と、売込み中のようですね。


 シンミナさんがドラマの制作現場の様子を伝えてくれていたme2DAY のページではお友達が2万名をこえるという一大コミュニティーに成長していました。新しい投稿があるたびになにかわくわくする感じ?ドラマの向こう側とこちら側がつながっているような感覚がありました。

 シンミナさんの放送終了2日後のインタビュー記事がありました。


【写真】シンミナ`九尾狐の魅力的な微笑`
 ここ1シンミナ"サッドエンディングを期待したんです"①
 ここ2シンミナ、"イスンギとメロ演技で恋愛欲求を満たす"②
 ここ3シンミナ、"本格的なコメディー演技挑戦してみるわ"③
 ここ4シンミナが言う`よちんぐぅの`前と後④

 ハングルの記事に直接リンクしていますのでWeb翻訳でもしてみていただければと思いますが、生放送ドラマと言われるぐらい厳しいスケジュールで最終回2,3時間前にやっと編集が終わったそうです。 出演者も台本をもらうまで結末がどうなるか知らなかったようです。どうも当初の予定と変わった?ようなことがあったみたいですね。

 イスンギ、自分より若くてデビューしたのも後で、でも自分の甥にしたい芸能人NO1というぐらい、とっても親しみやすいところが素敵なイスンギ、演技していてとても楽しかったようです。その分、みなさんがホイカップルを好きになってくれた、と言いていました。

 シンミナさんいままでファンカフェにはほとんど女性だったのが、男性ファンが増えたとか。放送中は5歳ぐらい若い友人たちが「みほ~」ってちょろちょろくっついてきたのが楽しかったそうです。 もともと明るい性格の人間ではないのですが、現場で演技しているうちに力を得たそうです。いつになるかわからないけど、本格的なコメディー演技をしてみたくなったそうですよ。

シンミナさんは最後の尻尾1ッポン残っていたことについて「キツネはキツネでしょ? 一尾狐ね!」って言ってました。なーるほど。
 
PP10100400026.jpg


 1年ぶりぐらいにどっぷりとはまったドラマとなりました。どたばたと書き綴ったつたない文章にお付き合いいただきましてありがとうございました。








 イスンギ、素敵な役者さんですね!
 シンミナ、ファンになりましたぁ。また良い作品でお会いしたいです。しばらく寂しいなぁ。


SBS 「僕の彼女は九尾狐」 全16話 
ビデオデータ: FullHD 1920x1080 mpeg2 ts
データレート ≒ 17.8Mbps  
         16本合計132GB 17時間33秒

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします


スポンサーサイト

僕の彼女は九尾狐 16最終話 特急レビュー

 僕の彼女は九尾狐、 最終話、今終わりました。
 きょうは話が微妙なラインを通っていて、ちょっと間違えると意味が反対になってしまいそうで オンラインでメモした段階ではちゃんと聞き取れていないところがたくさん。
 ということで、たっぷり不安いっぱいわからないところだらけの特急レビュー、これで最後です。

 ------

ミホ「しっかり見て、私が今どんな状態なのか、気持ちがどんな具合なのか…」
「私、止まれなかった。」
「ならお前、死につつあるのか?」
「私、消えることになるのよ。」
「死が止まることがないのか?」
16-0.png


ミホの人になりたい気持ち、止めることができない。

ドンジュ「まだ終わりじゃない。」砂時計を見ているドンジュ・・「お願いだから止まってくれ」


ミホ「ドンジュ先生のそばで、最後までいるわ。」
あなたのそばにいたら、あなたの残りの半分の命をくれって言ってしまうかもしれない。怪物のように


テウン「おまえは九尾狐じゃないか。」もともと九尾狐だったんだからそう言っても当たり前だ、いっそそういってくれというテウン。
「私、あなたに良い思い出だけ持っていてもらいたいの。 離して!」「離さない!」
16-13.png
 

テウン、「いっそ俺の心臓を持って行け!」
「そう、そうしましょ。その時、あなたは死ぬのよ。」


ドンジュ「帰ってきただね。」
「ドンジュ先生にお願いがあるの。彼を殺すわけにはいかないわ。

ドンジュ、「そんな言葉、また聞きたくない。消えないように、気持ちを止めて。」
「私、気持ちを止めることは出来ないわ。」

 ミホ、テウンに対する気持ち、どうにもならない。

九尾狐の命がまだ残っているから・・

それ どうゆうこと?


「クスリ、外していたのか? いつから?」
「テウンから離れてから。」

「これ、テウンの命が半分はいっている。これを傷つけるわけにはいかないでしょ。」
「私がテウンを守るわ。」

ミホ・ドンジュ先生にお願いをする。

「これ(クスリ)をテウンに返すのを手伝って。だからドンジュ先生も私を離して。
それと私の望みを手伝って。うそでもいいから。テウンが断らないのように、。。。」


ドンジュ先生、クスリを持ってテウンのところにやってきた。
クスリをみつめるテウン、

最後の瞬間にこれをミホに与えればミホは人間になれるのか?

(このへんのやりとり うまく拾えず…)


一気にクスリの瓶を飲み干すテウン。
ドンジュ、テウンの予想外の行動に ????  そう、ドンジュには人間の行動が予想外で驚くばかり。

それをかげ見ていたミホ。
「テウンはいやがりも、断りもしなかった。」
「テウンとの愛は本物よ。」ミホの自信。

ミホはテウンを傷つけたくない気持ちで「ドンジュ先生、遠くに旅立って戻ってこないようにしましょう。ぜったいにテウンの前に出てきてはダメよ。」



ーー 以下 作業中 --


うをっと  ほとんど書き終えていたのに、ついマウスのバックボタンに手が当たって飛んでしまいました。
続きは明日、書き直します。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします


僕の彼女は九尾狐 最終回では

 「よちんぐぅ」 最終回の放送まであと2時間ほど。

 カメオ出演の話が入ってきました。
 
 映画で一躍スターになったへインと関係する芸能人として
 FTアイランドの이홍기 イホンギしが出演するそうです。
 

 「미남이시네요」美男ですねに出演していたつながりで出演できて
 うれしいとのことでした。 前作では「ジェルミ」で出てましたね。

 あとニュースサイトの口調ではサッドエンディング? という感じが多いようで・・
 でも視聴者はハッピーエンディングにしてくれ~~と。


 さらにシンミナさんの me2DAY に最終話の台本の写真が
 上がっているようです。 シークレット台本ですね!

Upされたのが今日の15時ごろ?でしょうか。

miho2010_1285826817_96857_me2photo.jpg

さてこれから受信準備に入ります!

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします


僕の彼女は九尾狐 15話 特急レビュー

 いま15話の放送が終わりました。
 今日のメモは自分でも読むのが??な字?でA4用紙3ページでした。
 15話、最終話にむけての準備という感じなんですが、すっきりしない、なんとももやもやの溜まる回でした。表向きのミホの態度とミホの本心とのギャップに戸惑うテウンと視聴者という具合でしょうか。

では15話 特急レビュー 一気に書きます。


テウン、ドンジュ先生の病院が閉鎖されているのを見てミホと一緒に遠くに行ったと思っている。町を歩いていたら「パクソンジュし」と呼ぶ声が。コーヒーショップの店員さん? 単なる同姓同名だった。 今度は外で「パクソンジュし」との声が。 ミホ本人だったのだが、顔はよく見えずすれ違い。 テウン、もう遠くに行ってしまったのにここにいるはずがないよな。 きっとミホはパクソンジュとして元気にしてるよな。 それにしても「パクソンジュ」があちこちにいるなぁと。

ミホ、あちこちいってみても面白くないから来た。と、ドンジュ先生との待ち合わせ場所へ現れた。
ドンジュ、お望みの物は何でもどうぞ。とミホに進める。

テウン、アクションスクールの倉庫部屋に来て、ミホは一度もここにきていないみたいだと。 すべて元のまま時間が静止したような状態だった。


ドンジュとウェディングショップにやってきたミホ。 ドンジュに言われるがままにドレスを着てみる。(22時8分の場所)
ミホドレス
もうちょっとしっかりドレス見たかったんですけど… すてきなウェディングドレスを着ているのに浮かない表情のミホ、とってもアンマッチ。。
結婚指輪は・・ ミホ「あむごな、、 どれでも・・・・」
ドンジュ、ミホに結婚式の招待状を渡してテウンを必ず呼ぶようにと。そうすればミホが幸せに暮らしていることをテウンに覚えてもらえるからと。

ドンジュ、「ミホの気持ちが整理できて尻尾がなくなるのが止まれば生きられる。今日、まだ気持ちが残っていて尻尾が消えるかどうか気になる。」 みほはどうなるか自分でもわからないと。

 ミホ、クスリの入った瓶を見ながら、「気持ちを止めることは出来ないわ。生きていてもしょうがない。いなくなるわ。」
 

 トンジャと近くの公園に散歩に来たテウン。 ちょっと買い物をするのでトンジャにここにいてと。 ところがトンジャ、すたすた歩いて行ってミホの座っているベンチのところへ。
 ミホ、トンジャの好きなジャーキー?をあげて、トンジャに話しかける。「狐だったら話が通じるのに」わかったように吠えるトンジャ。 テウン、トンジャがいなくなって探しているうちにミホに出会う。


ドンジュがヘインと会って、テウンに結婚式の招待状を渡してくれとお願いしている。
ヘイン、死んでも別れないって言っていたのにいったいどうして?
解はできないでしょう。でもそのようなことがあるのです、とドンジュ。


テウン、ミホに、遠くに行ったと思ってたのに、近くにいたのか? 「遠くへ旅立つ準備中よ」とミホ。
「ドンジュと同じように生きるのか?」
ミホ、結婚式の招待状をテウンに渡す。
「これまでもらったら、本当に元気にしているんだな。時間があまりないようだ。」って封筒の中身を確認したミホ、なんとさきほどもらった化粧品のクーポン券だった。
  こんなところで重くなりがちなストーリーをふと軽くしてくれるようですね。

二人で話しているうちにトンジャがいなくなってしまった。慌てる2人、家に電話するともうトンジャ、一人で戻ってお昼寝?の準備中とか。
ミホ、カバンからジャーキーを出して、好きなもののにおいでトンジャを探せるかも?と。
ミホがジャーキーなどを持っていたのでいつもこの辺にいたのか?と 疑いだす。 テウン、ミホの尻尾があと何本残っているのか確認しなくてはと。


監督とコモ、結婚式の日取りの話を。結婚式の日まで撮影を入れているとチョットご機嫌斜めのミンスク。正式にプロポーズも受けていないのに残念だわ。
監督、コーヒーを出して、これが私の気持ちです。 24時間幸せです。 (ちょっとジャンプ)
二人の気持ちが合ってキスしようとする監督、抱きつくミンソク、可愛くすれ違い、でも幸せそうな二人。

ヘイン、ビョンスとソンニョにミホの結婚式の招待状を渡して、監督からテウンに届くように頼む。 いったいどうなってるの?  ヘイン、「理由なんて知らなくていいわ。 知ってしまったらけがするよ」 

ビョンス、映画のような状況が起きるのではと、想像3パターン。
・結婚式場からミホをさらっていくテウン。
・結婚式場からなぜかドンジュと手をつないで出てきちゃうテウン。
・実は3人は兄弟だった!  おおお、韓ドラありがちパターン!

ソンニョ、そんなのあり!?


テウン、どうしてもミホと話したい。
みほ・「どうしてついてくるの?」
テウン「飯食べよう。肉食べたい。 牛肉が食べたい にくかってよ~ん」  以前のミホパターンのテウン版ですね。必死に食い下がるテウン。
焼肉屋に入って肉を食べたすテウン。ミホはさっさと出て行きたそうですが、必要に食い下がるテウン。

やっと外に出てきてこんどはテウンが、サイダー買って! テウン、肉の食べすぎでおえっとなりそうなのを我慢。
自販機に硬貨を入れるも出てこない。
ミホが自販機を蹴飛ばすところんと硬貨がもどってきた。以前なら自販機ごと倒れたはずなのに。。。


さっさといってしまうミホにくっついていくテウン。 急に頭が痛い振り。 クスリがそばにあると調子がいいとか何とか。ミホ、しっかり嘘なのを見抜いています。
「ずっとついてきたら周りの人にストーカーだっていうわよ!」そんなことないよとテウン。
「ピョンテや!」変態って言いたいのね。 「ビンデだ」  ピンデって?

バスに乗るもテウンが付いてくるのですぐに下りてしまったミホ。テウン、慌ててバスを止めてもらって降りるもミホは見つからない。 隠れるミホ。 「私がどんな選択をしたのか解かってはだめよ 遠くに行ったと思ってくれないと」そう、ミホ、このまま消えてなくなってしまうつもり。せめてテウンには幸せに暮らしていると思っていてほしい。 ドンジュから日本行のチケットを受け取るミホ。 ドンジュ先生にミホは「ごめん、ほんとうにごめん」

今日はまた尻尾がなくなる日。 苦しむミホ。ドンジュにわからないようにドンジュの研究室に行ってクスリの入った瓶を見るミホ。2本あった尻尾、1本消えてしまった。
 いやな雰囲気を察知したドンジュ、ミホのところへ。「また消えたのか?」「もう私をあきらめて 私のこと離して」「あきらめられないよ」とドンジュ。


ミホとドンジュ、結婚式場の下見に来ている。 
監督とミンソクの結婚もすぐということで、でも監督が忙しいからテウンに手伝うように指示するハラポジ。 コモとテウンあちこち見て回って最後に結婚式場の予約にやってきた。 すれ違いそうになるミホ・ドンジュとテウン。

「秋は結婚式が多いなぁ。 パクソンジュ? パクドンジュ? なんだぁ?」 ついに式場のまえで出会ってしまった3人。

テウン「想像もできないほど元気そうだね。」
ミホ「結婚式に来て」
テウン「おれがそこに行けると思うか?」
ミホ「ならここでさようならだ。あんにょん」  かなしそうな あんにょん・・・


コモ、ハラポジと話している。
テウンがフラレた見たい。 いままで私が降られるたびにテウンが慰めてくれていたのに今回は私がテウンを慰めてあげなくては。
ここでコモ、ミンソクの降られ3パターンが。 3番目に出てきたテウン役、誰だ?

ソンニョとビョンスが中国で撮った写真を見ている。 あら?真ん中に映っているの、ミホじゃない? まさかぁ。
そこにテウン、あ、ミホだ!

そう、ミホ、中国までそっとテウンにわからないようにくっついて行っていた。どうしてもテウンのそばに居たかったミホ。 そこでストーカーとかピョンテとか言葉を覚えたって。


ドンジュ、ミホに、ここでの記憶からなにかからみんな捨てて生まれ変わるんだと。でもどうしても捨てられないものがあると屋上部屋へいくミホ。


アルバムを取りに来たミホ。これだけあればいい。 でも・・肉のぬいぐるみ、これも捨てられない。立て看板も。100日ボードを見て、のこり40数日のところで止まっていたのを一気に消して「ここまで来たのに」残り9日。
 テウンがやってきて「誰が明かりをつけたんだ?」トイレに隠れるミホ。 100日ボードを消してあるのに気付いたテウン、いったん外に出るが外で待っていた。

「なんでここにいるんだ? 中国までついてきていたのか いったいどんな選択をしたんだ! 力もなく尻尾もなくなったんだろ? これ以上逃げるな」

どどどっと体育館へやってきた二人。

ミホ「私がどうなっているのか知りたいの?」「ああ、見せて」
「ならばしっかり見て。今私がどうなっているのか、気持ちがどうなのか」

しっぽが1本だけになった姿を見せるミホ。

「私、(人間になりたい気持ち)止められない。私、消えることになるわ」

noriter_pimage_viewCA4J7UAS.jpg



16話、最終話へ。


--------------------
なぐり書きメモベースで書きましたのdあちこち違うところがあると思います。
参考程度で読んでいただければ嬉しいです。 (0時49分)

のちほどキャプチャー画像を追加予定です。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします


僕の彼女は九尾狐 15,16最終話予告

遂に最終話まで予告がUPされました。 
14話ののレビューがあと18分ぶん残っている途中ですが、15,16話の予告をUPします。
Web翻訳を手直ししたものですので変だったら適当に解釈してください。ペコリ。

まずは15話。


無題の画像00ドンジュとともにウェディングショップに入っていったミホは、ウェディングドレスを着てみて、テウンがそばに現れないで、結婚もして遠く離れれば、人々の間に混ざってとても元気に暮らしていけると思えるのではと、淡々と話す。

 ドンジュはミホの心がテウンに残って、尻尾がずっと消えるのか、そうでなければこのまま滞っているのか心配してミホが生き残りを切実に望む。

 一方、公園一角でテウンとミホは偶然にあって、ドンジュ先生と良く過ごすのかというテウンの話に、ミホは招待状を与えるべきか迷うけれど...


うげ、なんだよ、ドンジュと結婚? どーなってんの?


では16話 最終話・・・・


無題の画像16 ミホの尻尾が一つしか残っていなかったことを知ることになったテウンはびっくりするが、これにミホは自身が人なりたい心を止めることができなかったとし、ドンジュのそばにいると告白するとすぐに絶望する。

するとテウンはミホの手を自身の心臓にのせては持っていけと話してしまう。

 そうするうちにドンジュの家に行ったミホは波乱病気の中に入ったクスリを彼に見せる。
これに絶望したドンジュに向かってミホは、このクスリはテウンの生命が含まれているのに害することはできなかったとし、これをテウンに戻せるように助けてくれと話すとすぐにドンジュは思わず…



あら?ドンジュは思わず どうしたんでしょ? もしかしてドンジュがクスリを破壊? ラストに超々劇的なシーンが控えているような匂いがします。なんだかいまからドキドキしてきてしまいました。あじゅ くんぐめよ~ん



16話の視聴者掲示板から・・

「ドンジュ、やめてよ、、、なによ?? やめてよ、どうなってんの!! あ~やってらんない」

だそうです。 みなさんハッピーエンディングをお望みのようで…



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
ポチよろしくお願いします


フリーエリア



デジタル映像制作Webマガジン PRONEWS
プロフィール

gontamaru

Author:gontamaru
韓国ドラマ、映画にはまってしまって韓国語を勉強中の東京在住アジョッシです。一緒にドラマを楽しみませんか?

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
GOM Player
カウンタ
2009年10月開設
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
テレビ・ラジオ
330位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外ドラマ
117位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも一覧

momochiの韓流メモ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ご連絡はこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。